読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りんどうのマニアな図書室

田舎のおばさんが本を読んでぶつぶつ言っているブログです。書評中心ですが興味のない記事はスルーでお願いします。

運のいい人、悪い人。何が両者を分けるのだろうか【書評】運の管理学

「運」とはなにか?

 

著者は、運のことを「目には見えない情報を持ったエネルギー」と定義しています。

そして「運」にもさまざまな種類があり、自分が何に関心を持っているかで、手に入れる運が変わるそうです。

 

運の管理学 人生に「結果」をもたらす幸せの方程式 (講談社BIZ)

運の管理学 人生に「結果」をもたらす幸せの方程式 (講談社BIZ)

 

 ですから、何でもいいから「運」をよくしたいと思うのは間違いです。

どんな情報が欲しいのか、目的が明確にならないと開運することはできません。

 

第1章 「運」は大きく人生を左右する

第2章 「運」をよくする鍵は「脳」にある

第3章 「運」とは何かを知り、「運」を味方につける

第4章 人生の流れを変える法

第5章 「運」がよくなる環境づくり

第6章 「不運」のレベル別開運Q&A

 

以上の章から成る本書は、特に難しい事柄も目新しい事柄もなく(失礼!)

この手の本や風水が好きな方には、おなじみの内容と思われるでしょう。

 

しかし、「知っている」と「やっている」には天と地ほど隔たりがあります。

開運するには、「不用品の処分」と「掃除」とあらゆる本に書いてあり、正直言って私も「またか」と思いながら読んでいました。

 

けれども、ふと思い立って「不用品の処分」を始めてみると、なにか家の空気がすがすがしく感じられました。

暮らしていて、とても気持ちがいいのです。

すがすがしい気持ちで暮していると、イヤなことがあっても長くはヘコまずに済むようです。

これこそ本を読んでいるだけではわからない、身を持って体感したことでした。

 

本書には「運がよくなる毎日の行動習慣」の項目があります。

私も全部は実行できていませんが、一部を実行するだけでも毎日が好転するようです。

 

  • 部屋は整理整頓。ガラクタ、不用品は捨てる。
  • 明日着る服は前日の夜に決める(朝余裕が出るので、気分よく1日がスタートできます)
  • 体を温める
  • 毎朝お香をたく(これもオススメ)

本にはもっとリストアップされていますが、私が実行できているのはこのくらい。

 

本書の感想

  • 自分の目的を定める(なんでもいいから・・はダメ)
  • 身の回りはもちろん、思考も整理することの大事さ

 

結局、「開運」するとは「目的に合った準備」が「機会」に恵まれることじゃないか、そんな風に思わせてくれる本書でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

損をしない生き方をする人は最終的に損をしている

雑談

今回の記事は、個人の利益が最大限に優先される世相ですが、それだけではやはり損をするという話です。

自分だけ得をしようとする人間は、いつか臭気を放つ

責任をひらりとかわしながら、常に有利な立場に立とうとする知人がいます。

この知人は、物事を損得勘定で考える人。

有利にこの人が立ち回る陰で、必ず不利な役回りを引き受ける人がいても気にしてはいません。

本人は利口に生きているつもりだろうけど、実にいやな空気を生み出す人物なんです。

 

最終的には、私はこの人の依頼は、無条件で断るようになってしまいました。

だって、いつも自分が得をする方向にしか話をもっていかないんですから。

引き受けられる話も引き受けない、私だけじゃなく周りもその傾向になりました。

悪い人ではないんだけど、一緒にいるとゲンナリ。

あんまり損得勘定ばかり考える人って、臭気を放つんだと思ってしまいました。

 

こんな風に人に思わせる人は、人生トータルで考えると非常に損していると思います。

集団でしか生きていけない人間社会で、ある程度の年齢になっても応分の責任から逃れる人は嫌われます。

責任は1人前にかけるけど、待遇は半人前というブラック企業からは即座に逃げなくてはいけませんが、責任がかかることに敏感すぎてもいけません。

特に、ある程度の年齢になったらね。

f:id:k-rindou:20150430085211j:plain

 臭気を放つ人間もいれば、花のように芳香を放つ人間もいます。

赤ちゃんで生まれてきたときは、あんまり違いはなかったのにね。

 

 

 

「靴」の夢を見る人へ。それは変化を意味しているのかもしれない

夢分析

お久しぶりです。久々に更新しています。

実は最近転職したばかりで、ブログの更新もままならない日々でした。

3週間ちかく放置している当ブログですが、なぜか本日も順調にアクセスが増えていっています。

 

当ブログは、更新した当日でも検索流入が90%以上。

ほとんどは「夢分析」のカテゴリーで訪問してくださっているようです。

その中でも一番アクセスが多いのは「靴を探す夢からわかる心理状態」の記事

みんな「靴」を夢の中で探しているんですね。

 

k-rindou.hatenablog.com

 

 

靴はメガネと同じように、その人にぴったり合っていないと実に歩きにくいものです。

それに、職業やその人の置かれた立場によっても、履く靴は違ってきます。

また、生活に追われているときは、なかなか靴の手入れまで気が回りませんので、靴というのは、その人の現在の状況を割と正確に反映しているものです。

 

夢の中で、素晴らしい靴、しかも自分にピッタリの靴でどこまでも意気揚々と歩いていたら、なにか希望が持てる出来事が待っているのかもしれません。

逆に、靴を捨てるのは、経済基盤に変化が起こる可能性を意味すると言われています。

 

夢の中で靴を探すけれど見つからない方、どうか焦らずにゆっくり探してください。

10年前の私も、夢の中では決して自分の靴を見つけることはできませんでした。

けれど、今の私はきちんと経済基盤を持つことができ、お気に入りの靴で歩いています。

諦めずに探していれば、きっとあなたにぴったりの靴が出てきます。

きっとね。

 

夢占い

夢占い

 

 

友人がお別れを告げに来た夢

夢分析

この夢は、私の実家の母が数年前に見た夢です。

友人のDさんが訪ねてくる。
彼女が履いている、夏用の白いサンダルがとても綺麗だ。
真新しいサンダルのようである。
 
一見するとよさげな夢なのですが、母は不安そうな面持ちで私に夢の話を語りだしました。
母は、この夢に不吉なものを感じていました。
それというのも、友人のDさんというのは、髄膜炎で倒れてから意識が戻らない人でした。
倒れてから数年がたち、今は意識不明のままですが病状は安定している所だったのです。
それが今、新しいサンダルを履いた彼女が訪ねてくる夢をみるとは・・・
 
しかも、母が夢を見たのは3月上旬で、夏用のサンダルの季節でもないのが引っかかっていたようです。
この夏、Dさんの病状が急変するのではないか、母はとても気にしていました。
 
母が予感していた通り、この年にDさんは永眠されました。
ただ、夏ではなく、彼岸すぎの9月にお亡くなりになったのです。
この年、九州地方はいつまでも暑く、彼岸過ぎても日中は30℃近くまで上がる年でした。
 
 
着道楽のDさんらしく、新しい素敵なサンダルを履いてお別れにきてくれたのだ・・・・
そのように母が思えた夢です。
親しき人との別れは誰しも受け入れにくいものですが、この夢によって母はDさんとの別れを受け入れることができたようでした。

 

[セヴントゥエルヴサーティ] seven twelve thirty チュールバックストラップサンダル 105192 IV (アイボリー/35)

[セヴントゥエルヴサーティ] seven twelve thirty チュールバックストラップサンダル 105192 IV (アイボリー/35)

 

 Dさんのサンダル、どんなサンダルだったのでしょうか。

 
 

あなたの装いが残念な理由がコレでわかる【書評】おしゃれ方程式

あなたの装いが残念な理由がコレでわかる、と上から目線のタイトルを付けましたが

一番残念なのは、私の装いであることは言うまでもありません。(涙)

 

センスは「ある」ものではなく「磨く」もの おしゃれ方程式

センスは「ある」ものではなく「磨く」もの おしゃれ方程式

 

 

おしゃれ上手になるための解決策はいたって簡単です。

「なぜ似合わない?」を深く掘り下げること。

 

う~む。見たくない現実を見ろってことね。

古代ローマの政治家カエサルが、優れた政治家であった一番の理由は

「見たくない現実を直視できたこと」だったらしいけど、同じ痛みを味わなければ

オシャレ上級者にはなれないってことか。

似合わない服を着た自分を凝視したら、ガマみたいなあぶら汗が出るんだけど耐えないといけないんだね。

40過ぎたらたいがいの服が似合わないけど、その苦行に耐えたものだけがオシャレ上級者の称号を得るんだ。

そうか。そうか。

 

「そんなマゾみたいなことできるかッ!」と思われた方、この本にはオシャレ上級者へのヒントが満載です。

ほんの一部をピックアップして挙げてみました。

 

  • ヘアースタイルによって似合う服はかなり制限されます。
  • ジーンズは永遠の定番のような顔をして、実は短期勝負のトレンドアイテムです。
  • トップスにお金をかける人が多いですが、全体のバランスを決めるのはボトムスです。
  • 靴とバックをいいかげんに合わせない。

 

一番最後に挙げた「靴とバックをいいかげんに合わせない」については、私も深く同感します。

ポリエステル100%のいかにも安そうなワンピースに、重厚なブランドバックの組み合わせこそ、貧乏臭MAXの装いだと常日頃から感じておりました。

その服だとカゴバックのほうがいいだろうし、重厚なブランドバックにはある程度きちんと感がある装いが釣り合いが取れるはず。

 

そして、おしゃれのキモはなんといっても靴ですね。

私も装いをほめられるときは、必ず上質なオシャレ靴を履いているときです。

 しかし、オシャレな靴と歩きやすい靴が両立することが少ないんですよね。(泣)

本当にオシャレ上級者の道は険しく遠いものです。

この本は、険しい道のりの道しるべになってくれること、まちがいなしです。

(*^_^*)

 

 

 

 

 

コンタクトレンズの夢

夢分析
久々に夢を見ました。
私にとっては必需品の中の必需品。
身近なものが夢に出てくるときは、不思議な意味を持つことが多いようです.
 
私はコンタクトレンズを装着しようとしている。
なのに、いつものレンズではなく、分厚くなったり、名刺大に大きくなったりしている。
「これでは目に入れられないので、新しいレンズを出すか・・・。まだ取り換える時期ではないのになぁ」などと考えている。
 
コンタクトレンズを入れないと、私はド近眼なので物事がはっきり見えません。
今の私は、「物事がはっきり見えていない」という警告なのでしょうか。
それとも「見落としに注意せよ、うっかりミスに注意しなさい」という警告とも思えます。
 
しかし、不思議なことにこの夢を見た前日、自分の連絡ミスで関係者にご迷惑をかけ、もっとしっかりチェックしよう、と心を引き締めたところに見た夢だったのです。
心を引き締めるレベルでは対処できない事柄にあうのかもしれません。
  
名刺大のコンタクトレンズなど、私には合わないコンタクトレンズ
もっと自分サイズのレンズで、はっきり物事を見よという警告のような気がします。
他人の見方に影響されることなく、自分なりの尺度、意見を求められる局面が来るような気がします。
何気ないけれど、ちょっと怖い夢になるかもしれません。
 
※この夢を見たのは、2014年6月のこと。
別のブログで書いていた記事に加筆しています。
 
「自分なりの尺度」と書いていますが、本当にそれが重要な2014年でした。
この年、私自身の許容量を超えて、他人に振り回される事態となりました。
最後までできないことは最初からやらない、それが結局自分も人も守ることになるのだと思い至ることになったのです。
 

 

自分でできる夢分析

自分でできる夢分析

 

 

 
 

「シャツ年齢」とは示唆に富む言葉だな【書評】大草直子の最愛リスト

美容・ファッション 書評

スタイリスト、雑誌編集者として、数々の名品を目にしてきた著者が、自身の愛用品を紹介している本です。

 

大草直子の最愛リスト 服から雑貨まで62品

大草直子の最愛リスト 服から雑貨まで62品

 

 

愛用品にまつわる思い入れや、購入したときのストーリーなどが、語られています。

この著者は、思いっきりスタイリッシュなオシャレが似合う人のようです。

 

(ポロ・ラルフローレン)Polo Ralph Lauren 並行輸入 Shirt Denim/Chambray Classic-Fit Sport Shirt 7979646 Denim L

(ポロ・ラルフローレン)Polo Ralph Lauren 並行輸入 Shirt Denim/Chambray Classic-Fit Sport Shirt 7979646 Denim L

 

 

例えばね、愛用品としてダンガリーシャツが挙げられていました。

ダンガリーシャツ

私も18歳のとき買ってみたけれど、似合わないにもほどがあるだろっ!、って言いたくなる無残さ。

大体、この手のオシャレ本は、シンプル・シックで硬派なテイストが多いです。

フェミニンなスタイルしか似合わない私が、まるで方向性が違うと気付くまでにはかなりの時間を要しました。(あほ)

その間、オシャレ本を真似して、かなりアイタタな目にも遭いました。(泣)

 

著者と服の好みが違うので、図書館で出会うことがなければ、手に取ることはなかったでしょう。

 「ふ~ん」とページをめくりながら、ふとある章にひきつけられました。

それは、シャツについて語った章でした。

 

日ごろよく言っていますが、38歳を超えたあたりが「シャツ年齢」

肩が丸くなり、二の腕にも色っぽい贅肉がのり

そして、バスト位置が下がる

この時こそ、本格的にシャツが楽しめるとき

 

この部分を読んだとき、私の脳裏にはある光景がよみがえっていました。

 

先日、ある職場に書類を取りに行ったときのこと。

私服のその職場は、非常にラフな感じ。もっと言えば、きびきびした空気のないルーズささえ漂っていました。

医療系の職場なので、本当は看護師さんと保健師というプロ軍団の職場なのですが・・・

 その時はわからなかった「ルーズさ」を生み出す要因

それは、40歳前後と思われる彼女たちのニットの着こなしにありました。

 

その職場は全員が、薄手ニットを着用していました。

それは、彼女たちの丸くなった背中や腕、肩を容赦なく強調する装いだったのです。

 ニットは着ていてラクですが、自身の体型をカバーしてくれない恐ろしいアイテムです。

第3者としてこの職場を見て、もっとシャープさを強調する装いが有能そうに見えるのだと思いました。

 

40歳になるころには、体重は変わらなくても体型は変わります。

似合わなくなるものも出てきますが、ハリのあるシャツのように

若いころは生真面目な雰囲気しか出せなかったアイテムも、丸くなった中年体型にはよく似合いだすアイテムもあります。

 

そんな示唆に富んだ一章があるこの本は、何を着ていいのかわからない、おしゃれ迷子さんにオススメします。