りんどうのマニアな図書室

田舎のおばさんが本を読んでぶつぶつ言っているブログです。書評中心ですが興味のない記事はスルーでお願いします。

「今年の抱負」は威厳のある人になること

今週のお題「今年の抱負」

それは、記事タイトルにも書きましたが

威厳のある人になること

 

 イメージ的には、黙ってても威厳がにじみ出ているこの御仁が理想です。

f:id:k-rindou:20150202123820j:plain

 私の態度が変な人を増長させている!?

 

私は見た目「優しそう」「感じのいい」と表現されることが多いです。

ま、物事にこだわりませんし、いつもニコニコしているからですかね。

 

私は、不安定な家庭に育ったゆえ、所属する組織の和を保つことにエネルギーを使っちゃうところがあります。

例えば、仕事の面でも面倒な仕事を嫌がらずに引き受けてきました。

シフトも、皆が出たがらない日曜など、できるだけ対応してきました。

組織を潤滑に動かすために、ある程度は仕方ないと思ってきたのですが・・・

 

が、このような私の態度は、利己的な人間を増長させていることに気づきました。

私が、面倒なことを嫌がらないことをよいことに、引き継ぎの業務日誌に面倒な仕事ばかりを書いて仕事を上がる人が出てきました。

急ぎの事案ではないのですが、引き継ぎに書かれているので私が処理することになります。

 

さらに、業務日誌に書くのがはばかるような些細な、でも面倒な関連先への電話連絡などは、私の個人携帯にまで電話してきて依頼するようになったのです。

私も最初は何の疑念もなく、「ああ、わかりました」と引き受けていましたが

度重なると「あっ、自分が電話かけて面倒な話をしたくないだけだ」と気づきました。

 

この人の醜悪な点は、私が気付いたことを察すると、標的を別の人に変えることです。

こうした行為をするのは、職場に1名だけですが、本当にうんざりします。

以前も、この人について記事にしました。

 

何事も自分がからむと真実は見えにくくなります - りんどうのマニアな図書室

 変な人にかかわるのはやめた!

 私の職場の利己的な人は、自分が利己的でケチだなんて微塵も思っていません。

私が「仕事だからきっちりしないと」と言うと、「パートなのに?」と不満そうな顔をされます。

「パートの給料しかもらっていない」から、それなりの働きしかしないのがポリシーのようです。

そこだけ聞くと正論のようですが

私に言わせれば「もらった給料分の働きしかしないヤツ」は、もらった給料分の働きもしていないんです。絶対に。

事実、一番仕事をしていないのがこの人です。

 

ま、こんな人に意見してもムダなので、私はこんな人に易々と利用されない「威厳のある人」になろうと思っています。

 

具体的にどうしていくか

まず、外見からスキをなくそうと思っています。

  • きちんとブローした髪でいる。
  • 清潔感ある服装をする。
  • 個人的な話をだらだらとしない。
  • きっちりと仕事をする。
  • 時間厳守
  • 三枚目的要素を見せない(20代のころ、私は仕事ができて近寄りがたいと言われていたので、あえて3枚目的要素を見せてイメージを中和させていました)

 まずは、ここらへんから始めてみます。

 

 若いころは、人と仲良くせねば、好かれなければ、と強く思っていました。

思えば、これって学校教育で植え付けられた感覚のような気がします。

力がなかった学童時代は、怖い先生に怒られたくない、きついクラスメートとバトルし続けるのはしんどいという気持ちが優先していました。

みんなと仲良くする羊のような態度が一番ラクだと思っていました。

 

でも今は、不愉快な気持ちをひた隠しに隠して、人と仲良くするなんてナンセンス!

嫌われたって大いに結構!

こんな気持ちで、ぶいぶい突っ走ってやりまっせ!