りんどうのマニアな図書室

田舎のおばさんが本を読んでぶつぶつ言っているブログです。書評中心ですが興味のない記事はスルーでお願いします。

蜂の夢。昆虫が夢に出てくるときは、神経が落ち着かない状況のときが多いようです。

疲れているとき、落ち着かないとき、私は昆虫が出てくる夢をみることがあります。
アリの夢だったり、ムカデの夢だったり、ざわざわした夢見のときは、現実でも神経がざわざわしています。
それは私に限ったことではなく、ダンナも同じようで
今からご紹介する夢も、数年前ダンナがみた夢です。
 
2匹の蜂がまとわりついて、とても不愉快な気分になる。ぶんぶんと羽音がうるさい。
 
憶えていたのは、この部分だけでした。
日頃から夢に関心を持っている私に、家族は皆、見た夢を報告してくれます。
これも、そうした夢の一つでした。
 
この夢では「蜂」がキーワードになっています。
私の夢分析は、一般的な夢占いの本から「蜂」が示すキーワードを探し、そのキーワードから本人に連想してもらうのです。
その本によると、「昆虫」は「神経が休まらない状態やストレス」を暗示していました。
本来なら、本人に「神経が休まらない状態」が、現実に当てはまるか考えてもらうのですが・・・
この時、私は雷に打たれたようにひらめいたのです。
 
「職場に、神経にさわる人が2人いるんだ!」
ダンナは驚いて「なんでわかった??」
 
ダンナの話では、上司と先輩がウワサ好きで、しょっちゅう人の悪口を言っているそうなんです。
席が隣接しているダンナにとって、聞きたくない話ばかり。
でも、上司と先輩だから怒鳴るわけにはいかないし・・・
というジレンマが、この夢を見させたようです。
 
蜂は、針を持っていて邪険にするには危険ですよね。小物だけど。
やっかいな2人組を「蜂」で表すなんて、夢は実に絶妙の表現をすると思いませんか?(笑)
しかも「ぶんぶんと羽音がうるさい」と、ウワサ話の煩わしさも見事に表現していたのでした。
 
この夢はすっきり解けましたが、ほとんどの夢は謎のままなんです。
いつも鮮やかに夢のメッセージを解いているわけではありませんよ(笑)

 

決定版 夢占いキーワード事典

決定版 夢占いキーワード事典